マネージャーあるある


先日読んだ記事でなるほどなぁ、と思うものがあったのでご紹介。


マネージャーの役職についている人は、こういう経験多いんじゃないでしょうか。


これ結構どこの会社でも頻繁にある事例ではないでしょうか。


経験上、口頭でやりとりすると、こういった傾向になりやすいと思います。


日本で部下がいた経験がないのと、会議も下っ端なのでほとんど参加してないので、僕自身日本でこのような経験はなく、タイでの経験しかありません。

リンク先のように言語化されてると納得できますが、実際に直面したときに、経験がないうえにお決まりの「タイだからしょうがないのかなァ・・・」という諦めにも似た気持ちを抱くようになってしまったのは事実。


うちは従業員が全員タイ人なので、会社の共通言語はタイ語です。英語は通じません。
タイに何年も住んでますが、一向にこういうビジネスノウハウ?的な説明がタイ語でうまくできません。表現方法が日本語と違うから微妙なんですよね・・・

こういうのをスタッフに落とし込みたいですね。


僕なりの対処法

前回の職場では、スタッフの報告書には「実際に起こったこと」「その時に考えた対処法」「実行してどうだったか」という項目分けて報告させてましたね。特にクレーム時など。

これやらないとどこからどこまでが事実で、その人の考えがどこまで絡んでいるのかが非常に分かりにくい。

現場レベルならある程度想像つきますけど、これが外注先や発注先への対応だと、ほとんど何がどうなってるのかわからない。そしてほしい答えが出てこない。

「忙しくて頭回ってないのかな?」とか「仕事の優先順位がおかしいのかな?」とか色々考えましたが、簡単に言うと、僕が「どういう答えが欲しいのかわかってない」ということにたどり着きました。

「事実」が欲しいのに、自分の気持ちを優先して、後から自分の考えで脚色してしまったり、自分はこう思ったとかを、事実とごちゃまぜで報告してくるので、一体何が本当のことなのかわからない。さらに言うと「事実」が会話の中の5%ぐらいしかなかったりする。そして何回言っても直らない。

ちなみにこれ日本人です。

これじゃあ指示出すにも出せないよ・・・

なので対処として、質問を簡潔にして、欲しい答えを引き出す訓練を自分にしてました。質問が難しすぎたと。

でもタイに来て学んだのは、

諦めたら試合終了だけど、無駄な労力に時間を割くのも終了。

なので深く考えないようにしてましたが、良記事だったのでちょっと思い出してしまいした。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + fourteen =

Related Post

コロナやばいコロナやばい

飲食店が壊滅状態です。 お客さんを店舗に入れる事が不可能になったので、デリバリーの対応を急速にみなさん進めてます。 通常販売してるメニューに加え、弁当をやっているところが多く、居酒屋は通常夜営業のみがほとんどでしたが、昼 […]

ついにオープンついにオープン

なんとか2号店オープンさせました。ちなみにこれを書いているのは2021/01/11です・・・もはや半年前。おかげさまで忙し過ぎて他のことやってる余裕が全くありませんでした。 半年を振り返ってみると・・・・いろいろありまし […]