うどん戦略


次に経営者目線で考えます。




うどんのマーケットはどれぐらいなのか?



先行者はどうなのか?



ラーメン屋を増やしたほうがいいのでは?



考えれば考えるほどリスキー。




なぜならタイ人はうどん食べない、というのが業界での共通認識。

超有名セルフうどんは無惨様。

あの価格なのに。

完全に日本スタイルなのに。

超老舗日系うどんもあるし、セルフはダメ。うどんでモデルとなる店がない。


この事前情報がある限り誰も参入しないこのうどんマーケット。




なぜ?
















はい、そんなこと一切考えてませんでした。












新店でうどんがダメならラーメンに変えちゃえばいいじゃん。
そんなノリでした。







どうせやるなら訳わかんない感じでやりたい。やりたいこと全部突っ込む。







ブランド力の全くない新規業態。うどん単体では難しい。当初のプランでは




昼 うどん専門店アイドルタイム カフェデザート夜 一杯飲めるレストラン風






の3本柱で考えてました。








日本なら完全にダメ出しされてるプラン。今は若干変わってきてるのかなー。




こんなこと言っていいのかわかりませんが、モデルはつると◯たんハワイ。





インスタ映え、高価格、わざわざ利用、女子会、





この辺りがキーワード。





ターゲットは女性。





女性ターゲットなら可愛い感じがいいよね。




じゃあパフェ入れたい。ソフトクリームはどこもやってないなー。





最初の脳内はこんな感じでしたねー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =

Related Post

ブログ始めましたブログ始めました

タイに住んで早7年。 始めは半年で帰国する予定でしたが、あれよあれよと年月が経ち、しまいには自分で会社立ち上げてしまいました。 お店のことに限らず、タイの生活、海外で働くということ、起業するということ、もちろんラーメンに […]

コロナ第三波コロナ第三波

4月の初め頃にトンローのクラブでクラスター発生。 そこから徐々に雲行きが怪しくなり、ソンクラーン明けた日曜日から店内飲食禁止に。 ラーメンは店内飲酒ができなくなってきた頃から売り上げ下がり始め、うどんはクラスター発生から […]