勝率を上げる


5月の中盤から店内飲食が可能になりました。

ただ店内の人数を制限しろとの天の声が。

席数の25%以下までしか店内に入れてはいけないと。

はぁ。

まぁないよりマシかぁと思いつつやってます。





幸いにも5月はなんと会社全体でトントンまで持ってきました。

前半は完全に赤字でしたが、後半の盛り返しがすごかった。

しかし25%に制限するなら、家賃25%にしてくれないと不公平じゃない?なんの
ために平米単価とか出してるんですかw



日本だったらそれぐらい補助してくれそうな雰囲気。せめて政府から大家に通達出すとかぐらいしてほしい。



最近の経営者は選択の連続でメチャメチャ経験値上がってるだろうな。行くも地獄引くも地獄。




安定したと思ったら大規模ルール変更。手持ちのカードでどこまでできるか?どこまでやるか?どこでおりるか?ここはチャンスとばかりに新しいカードを持ってくる?


来年の今ごろには、選択の結果が出てくるでしょうね。



僕は経営者でもあり、個人で自分の会社に投資してるのでごっちゃになっちゃってますが経営や投資ってゲームに近いなぁと思います。


さっきの「手持ちのカードでやる」、という感じで、今以上のいいカードが突然降ってくるっていうのは可能性限りなく低いんですよね。


極端に言えば、明日いきなり金持ちになってるとか、いきなり彼女できてるとか。


今までの積み重ね、生きてきた結果が今の持ち札なので、それをどうやりくりするかに焦点を当ててかないといけない。


でも大抵、宝くじ買ったり、ギャンブルしたり、身の丈に合わない借金したりで、ショートカットしようとする。


ショートカット自体は悪いことではないのですが、上にあげたものは勝率が悪すぎるので効率が悪いというお話。


投資全般そうだと思いますが、今の状態で如何に勝率を上げるかに注力するのが最も成功に近いのではないかと思います。


投資はショートカットの道もあります。選んだカードでレバレッジかければいい。


でも経営ってショートカットできないんですよね。カードを選択して動かすだけ。まぁそもそも投資と経営ってカテゴリー違いますけど。

じゃあ勝率を上げるためにはどうするか?

金もないコネもないアイディアも受けるかどうかわからない。

そこでできること。


それは成功している人の真似をすること。



わかります。その通りにはやりたくないですよね。自分だったらこうする。わかります。

でもそれ何の根拠があるんですか?



その人はすでにそれで成功しているんだから、それを真似するのが近道であり、勝率を上げることになります。




どこかの人気店で働いて、いざ独立というときにちょっとアレンジする。これ自体は全然悪いことではないです。



ただ独立してすぐは一度失敗すると取り返しがつかないです。やりたいことがようやくやれる、というのもわかりますが、まずはそのままなぞることが大切。


その働いていた店は何の要因で売れていたのか?というのは後付けでなんとでも言えますが、正直はっきりしません。味が良かったのか、立地がよかったのか、サービスがよかったのか、年齢層があってたのか、コンセプトがうけたのか。もしくは全部?



よっぽどのことがない限り最初の店は立地はよくありません。運転資金もあまりありません。ようやくスタート地点にたったけど、残された時間って実は多くありません。



余裕をもって独立ってなかなかのレアケースなので、ほとんどの人が上記のようだと思います。


であればそうそうに売れるように持っていかないといけないはず。




勝率をあげるためには、真似る。




立地は真似できませんが、味、サービスは真似できます。
会社の理念は真似できません(なぜならあなたの会社だから)が、店舗のコンセプトは真似できます。




この時点で勝率は上がります。なぜならそれで成功している人がいるから。
そしてそれを間近で見てきたのは他ならぬあなたです。


今の時点で人気店を再現できる可能性が高いのはあなたです。




であれば勝率は自ずと上ってきます。
でもこれなかなかできてる人って少ない。僕の周りには・・・いませんw

もちろん立地がー、とか内装がー、とかはありますが、ないものはしょうがない。今の手札で勝率を上げるためにはこれが正解。


人気店で何年働いていようが、独立したら素人だと思っといたほうがいいです。まじで。知らないこといっぱいあります。いや、俺はそんなことにはならない、という人も頭の片隅に入れておいてください。


もしそのまま真似て、それでもダメだったら何か策を考えればいいです。
正確に真似てダメだったらなら、理由が絞り込まれます。


繁華街の人気店がいきなり住宅街に出してもそのままでは通用しないはずです。しかしできること全部真似できていたならそうそうヤバい状態にはなってないはず。


そこから




ああ、客層が違うんだ、




ということが見えてきます。




であればそれに対応すればいいだけの話です。


極端ですが、ラーメン屋でいえば、都心のカウンターだけの店と、ロードサイドの店では戦略がまるで違います。なので問題があればそれを順繰りに潰していけばいいだけです。戦略を変えてもだれも文句なんていいいません。だってあなたの店なんだから。




でも順番が違うと大変です。



文句言われないから好きなことをするんじゃなくて、売れるようになってから好きなことをしたほうがいいはずです。



なので1店舗目は好きなことするんじゃなくて、とりあえず勝率を上げましょう、というお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =

Related Post